ななころび

   幸せのお裾分け

今はなき友達に贈るあの時の本音(中編)

「今はなき友達に贈るあの時の本音(前編)」の続きです。

 

 

yyusukekun.hatenablog.com

 

僕はうつ病という心の病と戦っている間、彼とはSNS上でのやり取りすら

やっていなかった。薬の副作用や体調の変化についていけず、自分のことで精一杯だったと思う。

 

そんな彼も聞くところによると、繁忙期年度末先輩の退職が重なりときには土日も

出勤していたという。お互い仕事で忙しい日々を送っていたのだろう。

 

次にあったときは休職をした最初の週でした。武蔵小杉出会った彼は、

顔が変わっていました。むくんでいたということではなく、顔が変わっていたのです。

あんなに爽やかという表現が似合う男が、、、疲れた顔をしていて、上手く笑えてもいませんでした。

 

僕は「どうしたの?」と聞かずにはいられませんでした。

 

「眠れてないんよね。。。。仕事でミスるとそれが頭に残ってさ。。。」

 

今までお酒を飲んでも飲まなくても陽気で時にイライラするとすぐ暴力を振るう暴虐無人(あくまで個人的なイメージです。)今までの彼と別人のように弱気でした。

 

そんな彼に僕が出来ることは話を聞くことくらいでした。そして僕自身も「うつ病」であることを告げました。

 

武蔵小杉の高架下にあるイタリアンバーでお互いお酒を交わしながら、最近聞けなかった淡いもない話をして時間を過ごしました。僕の同棲の話、彼の彼女の話。仕事の話。精神科の話。会えなかった空白期間を埋めるように話し合い、その時は別々の家路につきました。

 

それから数日立ち、彼から連絡が来ました。

 

「俺も休職することになったよ。不眠症って言われた。」

 

なんとなく顔が変わっていたことや、寝れていないことを聞いていたので、

そんな気はしていました。

 

僕は「絶対治して幸せな将来を作ろうよ。時間はあるからね!!笑」

なんて彼に連絡を返したのを覚えています。

 

それからお互い1日することがないので、数時間電話をしたり、時には会ってお互いを鼓舞したり、最近取り入れていること(リハビリ関係)の共有をして過ごしました。まるで付き合っている彼氏のようだったので怖くなり、彼女は元気かと聞いたところ

 

「上手く付き合えんくてね。どう接したらいいかわからんくてね。。。」

 

彼女の家に行ってお泊りしたり、どこか行ったりしているようですが、上手く笑えなかったり、本音で話すことが出来なくて迷惑をかけていると感じているとのことでした。

 

僕は彼女さんと面識がなく、何を言っていいのかわからなかったので、今回も聞くだけで何もできずどうしたらいいのかわかりませんでした。

 

そんな2017年の5月の終わり、彼からSNS

 

「彼女がダンスをするから埼玉に行かない?」

 

というお誘いがあり、彼が元気になるいいきっかけになるかもしれないのと、

彼の彼女に会いたかったので行く返事をしました。

 

彼の彼女に会うことも、ダンスを見るということも初めてでとても楽しみでした。

ダンスは素晴らしい時間でした。ダンスというものに対しての認識を改めるほどでした。音楽の選曲、切れのあるダンスが印象的で時間を忘れさせました。

 

ダンスショーが終わり、ダンサーのみなさんが会場に降りてきて、ある小柄な女性が近づいてきて彼の横に来ました。髪の毛をセットしていて(髪の毛が何編みなのかよくわからない編み方されてました)笑顔が素敵な女性でした。

 

彼からお付き合いしている彼女という紹介をしてくれたので、僕はおどおどしながら軽めに(気持ちでは)挨拶を交わし、感動したことを伝えその日は別れました。

 

彼女可愛かったね!と褒めちぎり、にやにやする彼と電車で帰ることとなり、ホームで電車で待っていると、彼の電話が鳴り

 

「あ、親からだ。悪い先帰っといて!」

 

「おう、今度ラーメン食いに行こうな!」

僕は最後にラーメンを杭に行く約束を伝えホームにきた電車に乗りました。

またすぐ会える。いつものように。そんなの当たり前のことだと勝手に思い込んでました。

 

 

 

 

それが彼をみた最後の姿でした。

 

 

 

 

 

 

 


日記・雑談ランキング
サラリーマンランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村