ななころび

   幸せのお裾分け

復職後に感じた7つの壁

昨年2017年2月に鬱病を発症した私が年末に復職した際体験した7つの壁についてお話できればと思います。 

※あくまで個人の見解ですのです。

 

  • 人と話せない!?
  • 人が怖い!!
  • 会社のスピードについてけない!!
  • 朝が弱くなる
  • 集中出来ない
  • 疲れが抜けない
  • やる気が起きない。。。

 

① 人と話せない!?

上司:ましろさん、休職はどうだった?

ましろ:・・・はい。。。あ、、、あ、、、その、、、。

上司と面談の場で感じたのは、喋ることが出来ないということでした。

もともとコミュニケーションが得意では無かったのですが、予想以上に

驚きました。上記の感じで当初は人と話す行為すら出来ませんでした。

「お、お早う、、、ございます。。。。」

本当に不器用な挨拶で毎日出社していました。

半年以上、殆どの時間を家で凍眠をして、人と話すということを

していなかったので、戸惑いました。

 

しかしこれは、場数を踏んでいくと徐々に回復していくので、

まずは積極的に話すことがいいと思います。

 

僕の場合は先に事情を説明をして相手に理解を求めるなどして

コミュニケーションをとっていました。

 

② 人が怖い

 

意外にも人材という人に関わる仕事をしていますが、人が怖く感じていました。

それは、コミュニケーション能力の欠落と共に、相手の表情や声色を読み解くことが

できなくなっていて、相手の気持ちがわからない状態だったからです。また、鬱病

捉え方が人それぞれなので、どう思っているのか気になっていました。

 

これについては、「嫌われる勇気」という本を読んだ結果、相手の思うことよりも、

自分に重きをおいた考え方が出来るようになり、改善されていきました。

 

③ 会社のスピードについてけない!!

HR(HUMAN RESOUCE(人材))業界は毎日が全力疾走しているくらい、めまぐるしい発展と、スピード感を持って動いています。特に現場のスピード感が半端ないです。

 

会話スピード・決裁スピード・メール対応など、1日のスケジュールが朝から6時以降もびっしりなため、少しでも生産性が落ちると、後日まで響くこともしばしば。そんな中に復帰しました。あれ?こんな会社だっけ?と目が回りました。

 

今でも自身の生産性が復職前より落ちていると感じています。

周りのスピードに焦りを感じていますが、頭の中では出来るなかでPDCAを回して

生産性を高めることが一番だと思います。

 

なにより、健康第一です。

 

 朝が弱くなる

 

■朝6時

 

目覚まし① ぴぴぴぴ!

目覚まし② ジャジャジャジャーン

 

仕事の日はいつも2つの目覚ましをかけておきていました。入社以来遅刻なんてことは一度もなく、開示時刻の1時間前にはオフィスにいた程です。

以前から朝は強い方で、すぐ起きて顔を洗い、服を着て・・・という朝を過ごしていましたが、、、、、、復職してからというもの。。。。

 

あれ????体が動けない、、、、、、あれれれ??????

 

恥ずかしいことに体が動かず、気持ち・体調共に起きる状態ではなくなっていました。

なんとか立ち上がっても、体に力が入らず時間だけ過ぎてしまいました。

絶対に遅刻はダメだ。。。。朝は薬を飲まないのですが、その日は薬を大量に服用して

どうにか会社に間に合いました。しかし思ったよりも副作用が強く仮眠室で休むことしか出来ませんでした。次の日はなにをすることもできず、会社にいけませんでした。

休むメールをうつのも一苦労でした。。。

 

復職すると当たり前にできていたことが出来なくなる。

 

これとどう向き合うのかが復職後大切だと思います。

薬に頼ると副作用が大きく仕事になりません。

 

⑤ 集中できない

 

復職直後~から現在に至るまですぐ現場に戻るのではなく、営業企画のようなポジションで仕事をしています。しかし、

 

集中が出来ませんでした。

 

時間だけが過ぎる毎日。焦りしか出てきません。なにより、考える事すら出来なくなっていました。コミュニケーションが取れなくなったのもこれに起因すると思われます。

考えない毎日だと脳は進化せず退化しているのでしょうか。仕事の勉強をしようにも、

文字すら読める集中力がなく、メールの返事も内容の理解が出来ず、遅くなりがちでした。

 

⑥ 疲れが抜けない

 

これには驚かされました。復職する一ヶ月前から始めたジムでは、毎日10キロ以上走って体力の回復に努めていました。また趣味のサッカーやフットサルにも定期的に通っていたので、大丈夫だろうと思っていたのですが、次元の違う疲れが仕事中に襲ってきます。何か上から重たいものが降ってくる感じでした。今でも時々あります。元々体力はあった方という意識があったため、動けない疲れやヘトヘトになるというのを早い段階で感じるとは思いもしませんでした。

 

 やる気が起きない

 

起きよう。顔を洗おう。出社しよう。仕事を始めよう。などのやる気が起きなくなりました。それは復職して数ヶ月たった今でも感じています。今は無理やりやっている感じです。

 

心がすっからかんになった感じです。感情が動いても、気持ちがついていかない。何かしたくても、気持ちが動かない。そんなことの繰り返しでした。

 

プライベートでもそれは同じで、感情が動いても、気持ちが動かず家にいるか、

外に出ても、なにも出来ない状態です。しかもすぐ疲れるので、遠出も難しく。

最初は大変でした。今は幾分か良くなってきています。

 

 

今回は復職した際に感じた7つをまとめました。次回は復職後に身につけたことを

まとめたいと思います。

 

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへにほんブログ村