ななころび

   幸せのお裾分け

結婚・お付き合いはお金で買えるのか?を調べてみた。

> 僕がデート代出したかったのに、相手も出してきた。もう無理。。価値観が合わない。 友人Jくん

Jくんと電話していた際、数カ月前に付き合い始めた女性と別れたというので、理由を聞いてみたときの答えです。昔から個性的(癖が強い)とは思っていましたが、すごい理由だなと感じました。

お金と恋愛・結婚にどんな影響が出るのでしょうか。


yyusukekun.hatenablog.com

yyusukekun.hatenablog.com

yyusukekun.hatenablog.com

中学生の従兄妹に聞いてみました。 f:id:yyusukekun:20180713112012p:plain

恋愛はお金が無くてもできると思う。だって小学生のときから付き合ってたカップル知ってるから。  中学生の従兄妹より

最近の子供たち凄くない??
え?もう付き合うとかあるのか?
お兄さんついてけないよ!!


ちなみに僕はそんな経験なかったです。 f:id:yyusukekun:20180713112156p:plain

個人的な意見ですが、ライフステージ×二人の価値観で比重が変わるのかと思います。

二人が社会人で、お金が大事だと思うなら、恋愛・結婚では 、お金お金してると思いますが、それからはお金重視ではなく、運命共同体なので、支え合うことや、それ以外で満たすことが必要だと思います。

反対に学生同士なら、社会人のようにお金があるわけではないので、できることをする。ということだと思います。

ということで有識者はなんと言っているのでしょうか?

結局、「お金で愛は買えない」「お金は万能ではない」という人は、「そうあってほしい」という願望があるのでしょう。

私はお金のほうが大事だなどといったことはありませんが、なぜか「いや、お金よりも愛のほうが大事だ」といわれることがあります。なぜ比べたがるのでしょうか。

そもそも、お金と愛は対立概念ではありませんし、貧乏人が愛にあふれ、お金持ちは愛に乏しいともいえないでしょう。午堂 登紀雄さんより

確かに、お金と愛は対立はしていないはずです。 婚活に登録している方は比較的年収を求めて動いているようです。 と働いている友人が言ってました笑

3割超の若い女性は割り勘デート肯定派

クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)が2018年1月に20~39歳の働く女性1000人(20代500人、30代500人)を対象に行ったアンケート調査によると、「デート代は割り勘にすることが多い」という質問に対して「はい」と回答した女性が36.9%にも達しました。 つまり、今の若い女性の3人に1人以上は、割り勘でデートすることに抵抗がないのです。 f:id:yyusukekun:20180713134848p:plain 20代・30代の1,000人の女性の回答から見えてくることは、一言で言うならば「かつての三高男子の人気急落」です。今回のテーマである「女性はやっぱりお金、それは本当に?」の視点からこのデータを見ると、女性はやっぱりお金だ、という見解はまったく見当外れに見えます。

「結婚はお金で買えるのか」をデータで検証してみた

なんとなく、結婚と恋愛で求められるものは変わってくると思うので、恋愛とお金・結婚とお金でまとめたほうがいいに感じてきました。

そして頭が混乱してきました。

「愛」はお金で買えるようで買えない

そういった「何かが与えられたら、それに等しいお返しをする」という人間関係のルールを、社会学では「互酬性の規範」と呼びます。

  すべての人間関係は、何かをしてもらったら、どこかで必ずお返しをしないといけないという原理で動いているので、そういう観点から見ると、愛もお金の関係も同じ「互酬性の規範」といえます。

「愛」の場合は、告白や婚約、結婚といったあなたとしか関係はもちませんという「排他的な関係」を約束することで成り立ちます。

それに対して、お金を支払うことでサービスを提供してもらう「財」の場合は、お金を持ってきた人が誰でも等しく交換できることが条件なんです。「あなたにだけ売る」、では経済は成り立ちません。「常にお金を出した人が買える」、「承認を独占できる」という状態なわけです。つまり、財の交換では「排他的な関係」は保証されません。これが、「愛」と「お金」の本質的な違いですね。 東京大学准教授・出口剛司先生

教授。ありがとうございます。社会の法則から見えてきました。 僕の心から良心の声が聞こえてきました。

比べる必要があるの?  

確かに!

なんでこんな事を考えるようになったのか?

つまるところ、周りが見えすぎて不安なのでしょうか。 ものが溢れはじめ、ネットの情報化社会による人間関係の変化による、人間関係の変化。

・いまの人より、もっといい人がいるに違いない。
・出会う方法が見つからない。周りは順調なのに!?
・真似する目標がない。
・女性の社会進出による社会的変化 ・男性に求められる人物像の変化

人と媒体を介して人がいる関係ができたことで、 人と会わなくていいですし、だから、どうすればいいのかわからない。

正解がわからない?のかなと。

僕もわかりませんし。

まとめ

最近は僕の周りでは友人の紹介で友達・お付き合い・結婚の機会が増えてます。

Jくんもお友達紹介だったのですが、、、、笑

僕の場合も。。。あ、友達紹介からでした!!

将来に不安の多い現代人が悩みそうな【愛×お金】答えは常に変化していて、わからないことばかりです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村